業績

2017年

単行本・著書

石竹達也.環境・職業性因子による疾患 最近の動向.今日の治療指針 2017年版(福井次矢、高木誠、小室一成編),東京:医学書院,2017;1024-1027.

合志清隆.環境・職業性因子による疾患 減圧障害.今日の治療指針 2017年版(福井次矢、高木誠、小室一成編),東京:医学書院,2017;1030-1031.

森松嘉孝.環境・職業性因子による疾患 大気汚染・PM2.5による健康障害.今日の治療指針 2017年版(福井次矢、高木誠、小室一成編),東京:医学書院,2017;1035.

論文(欧文)

Kohshi K,Morimatsu Y,Tamaki H,Murata Y,Kohshi K,Ishitake T,Denoble PJ.Cerebrospinal vascular diseases misdiagnosed as decompression illness: the importance of considering other neurological diagnoses.Undersea and Hyperbaric Medical Journal,2017;44(4):309-313.PubMed

Matsumoto Y,Uchimura N,Ishida T,Morimatsu Y,Mori M,Inoue M,Kushino N,Hoshiko M,Ishitake T.The relationship of sleep complaints risk factors with sleep phase, quality, and quantity in Japanese workers.Sleep and Biological Rhythms,2017;15:291-297.

Kodera S,Gomez-Tames J,Hirata A,Masuda H,Arima T,Watanabe S.Multiphysics and Thermal Response Models to Improve Accuracy of Local Temperature Estimation in Rat Cortex under Microwave Exposure.International Journal of Environmental Research and Public Health,2017; 14(4):358-375.PubMed

Azuma K,Endo G,Endo Y,Fukushima T,Hara K,Hori H,Horie S,Horiguchi H,Ichiba M,Ichihara G,Ikeda M,Ishitake T,Ito A,Ito Y,Iwasawa S,Kamijima M,Karita K,Katoh T,Kawai T,Kawamoto T,Kishi R,Kumagai S,Kusaka Y,Matsumoto A,Miyagawa M,Miyauchi H,Morimoto Y,Nagano K,Naito H,Nakajima T,Nomiyama T,Okuda H,Omae K,Sakurai H,Sato K,Sobue T,Suwazono Y,Takebayashi T,Takeshita T,Takeuchi A,Takeuchi A,Tanaka M,Tanaka S,Tsukahara T,Tsunoda M,Ueno S,Ueyama J,Umeda Y,Yamano Y,Yamauchi T,Yano E. Y.Occupational exposure limits for ethylene glycol monobutyl ether, isoprene, isopropyl acetate and propyleneimine, and classifications on carcinogenicity, occupational sensitizer and reproductive toxicant.Journal of Occupational Health,2017;59:364-366.PubMed

Poulletier de Gannesh, Florence*, Masuda H*, Bernard Billaudel, Emmanuelle Poque-Haro, Annabelle Hurtier, Philippe Lévêque, Gilles Ruffié, Murielle Taxile, Bernard Veyret, and Isabelle Lagroye. Effects of GSM and UMTS Mobile Telephony Signals on Neuron Degeneration and Blood-Brain Barrier Permeation in the Rat Brain. Scientific Reports, 2017(7);15496-15507

論文(和文)

小寺紗千子,森本涼太,平田晃正,増田宏,有馬卓司,渡辺聡一.ラット脳局所ばく露マルチフィジクス解析の高精度化.電子情報通信会誌,2017; 100-C(5):200-207.

森松嘉孝,合志清隆,村田幸雄,合志勝子,井上都,久篠奈苗,松本悠貴,森美穂子,星子美智子,増田宏,石竹達也.比較的若年の潜水漁漁師にみられた減圧性骨壊死.産業衛生学雑誌,2017;59(2):59-62.

久保達彦,蓮沼英樹,森松嘉孝,藤野善久,原邦夫,石竹達也.風力発電等による低周波音・騒音の健康影響:疫学文献レビュー.日本公衆衛生雑誌,2017;64(8):403-411.

井上都.交代制勤務における多様な勤務形態下で働く看護師の疲労度についてー長日勤を中心とした検討ー.久留米醫學會雑誌,2017;80(6・7):150-164.

合志清隆,森松嘉孝,玉木英樹,村田幸雄,合志勝子,石竹達也,井上治.減圧障害ー診断と治療で何が変わったか.医学のあゆみ,2017;263(3):261-262.

学会発表

森松嘉孝,玉木英樹,合志清隆,村田幸雄,合志勝子,井上都,久篠奈苗,松本悠貴,森美穂子,星子美智子,石竹達也.社会状況を背景とした山口県萩地区における素潜り潜水漁漁師(海士)数の推移.第90回日本産業衛生学会総会(東京)

森美穂子,嵯峨堅,山木宏一,石竹達也.系統解剖学実習によりホルムアルデヒドに曝露された学生の自覚症状に関する2年間の追跡調査.室内環境学会九州支部講演会・第10回研究発表会(福岡)

森 美穂子,嵯峨 堅,森松 嘉孝,松本 悠貴,井上 都,山木 宏一,石竹 達也.系統解剖学実習を受ける医学部学生の心理的ストレスに関する2年間の追跡調査.第87回日本衛生学会学術総会(宮崎)

松本悠貴,内村直尚,井上都,森松嘉孝,森美穂子,星子美智子,石竹達也.中高年男性労働者における,メタボリックシンドローム診断基準項目と睡眠・その他の生活習慣.第90回日本産業衛生学会総会(東京)

松本悠貴,内村直尚,井上都,森松嘉孝,森美穂子,星子美智子,石竹達也.3次元型睡眠尺度を用いた前向き研究:睡眠型別にみた抑うつの改善と悪化.日本睡眠学会第42回定期学術集会(横浜)

Koder S, Gomez-Tames J, Hirata A, Masuda H, Arima T, Watanabe S.High Accuracy Estimation of Brain Temperature Elevation in Rats for Localized Microwave Exposure.BioEM2017(Hangzhou, China)

森松嘉孝.改正高気圧作業安全衛生規則における改正点と規則施行後の現状.平成29年度日本産業衛生学会九州地方会学会(熊本)

ゴメスタメス・ホセ, 小寺紗千子, 平田 晃正, 増田 宏.Thermal response model for localized microwave exposure over gigahertz region in rat cortex.電子情報通信学会エレクトロニクスシミュレーション研究会(帯広)

森美穂子, 嵯峨堅, 松本悠貴, 森松嘉孝, 山木宏一, 石竹達也.系統解剖学実習期間中の学生の睡眠時間と体調の関連.第49回日本医学教育学会大会(札幌)

Mihoko Mori, Tsuyoshi Saga, Yuuki Matsumoto, Yoshitaka Morimatsu, Koh-ichi Yamaki, Tatsuya Ishitake.Does wearing personal protective equipment have a preventive effect on subjective symptoms in Japanese medical students exposed to formaldehyde during gross anatomy dissection classes? International Society for Environmental Epidemiology 2017 (Sydney)

内藤美智子 ほか. 低出生体重児、流産・死産と妊婦要因との関連性について~3,001件の妊娠届出書から~. 第76回日本公衆衛生学会総会(鹿児島)

石竹達也, 原邦夫, 内藤美智子, 森松嘉孝.不採算地区にある公立病院の運営継続に関する要因分析.第76回日本公衆衛生学会総会(鹿児島)

増田宏, 石竹達也, 森松嘉孝, 有馬卓司, 櫛山裕次郎, 平田晃正, 小寺紗千子.ラット脳内グリア細胞に対する10 GHz電磁波局所ばく露影響.第76回日本公衆衛生学会総会(鹿児島)

増田 宏.微小循環in vivoイメージング法を用いた物理的環境因子の及ぼす生体影響評価.平成29年室内環境学会学術大会(佐賀)

講習会・研修会

石竹達也.職場における睡眠保健活動の重要性.佐賀産業保健総合支援センター 産業保健研修会(健康管理)(2017.2.10佐賀市)

松本悠貴.外来で使用する簡易睡眠評価尺度の紹介.糖尿病と睡眠・こころ研究会(2017.4.26久留米市)

松本悠貴.Day workers suffering from a wider range of sleep problems are more likely to experience suicidality.第22回日本睡眠学会睡眠研究奨励賞受賞講演(2017.6.29横浜市)

石竹達也.職場における腰痛予防.平成29年度全国労働衛生週間説明会(2017.9.5武雄市)

石竹達也.職場における腰痛予防.平成29年度全国労働衛生週間説明会(2017.9.8鹿島市)

森松嘉孝.実臨床におけるICS/LABAとLAMA/LABAの位置づけ.荒尾市医師会内科医会特別講演会(2017.10.12荒尾市)

石竹達也.疾患を抱える従業員(がん患者)の就業継続について.佐賀産業保健総合支援センター 産業保健研修会(健康管理)(2017.11.29佐賀市)

石竹達也.職場における睡眠保健活動の改善.佐賀産業保健総合支援センター 産業保健研修会(健康管理)(2017.12.22佐賀市)