HOME > 教室の案内 > スタッフ紹介 福田 孝昭
 
 

<<< スタッフ紹介 >>> 

 
 

ふりがな ふくだ たかあき
氏名 福田 孝昭
学歴・職歴 1974年3月
1983年4月 
1987年1月 
1989年6月 
1992年1月 
1992年4月 
1996年4月 


2003年7月 
長崎大学医学部医学科卒業
長崎大学医学部第一内科学講座助手
米国国立衛生研究所(NIH/NCI)研究員
長崎大学医学部第一内科学講座医局長
長崎大学医学部第一内科学講座講師 
国立小浜病院内科医長・医局長
久留米大学内科学第一講座助教授
久留米大学医療センター・リウマチ膠原病センター科長
久留米大学内科学第一講座教授
 

研究テーマ・専門分野

リウマチ学
関節リウマチの薬物療法(主として抗リウマチ剤による、リウマチ炎症の抑制と、関節破壊の進行に関する臨床研究)

資格•免許(専門医・認定医)

1974年5月 医師免許証取得
1985年6月 医学博士取得(長崎大学)
1986年8月 日本リウマチ財団登録医
1990年2月 日本リウマチ学会認定医(専門医)
1990年4月 日本内科学会認定内科医
1997年3月 日本リウマチ学会指導医
1997年9月 日本内科学会指導医

所属学会

日本内科学会, 日本リウマチ学会,
日本臨床免疫学会、日本臨床リウマチ学会、
日本アフェレーシス学会

学会賞等

主要著書・論文

(論題,雑誌名,巻,貢,発行年順)

1. Kaji M, Kaieda S, Tanaka K, Ayukawa R, Fukuda T, Kojima T, Aizawa H. Two cases of cervical abscess in rheumatoid arthritis patients. Modern Rheumatol. 2005; 15: 216-216.

2. Maruoka H, Honda S, Takeo M, Koga T, fukuda T, Aizawa H. Tacrolimus treatment for refractory lupus cystitis. Modern Rheumatol. 2006; 16: 264-266.

3. Maruoka H, Honda S, Takeo M, Kitazato H, Hanai N, Ayukawa R, Tanaka K, Fukuda T, Aizawa H. A case of polymyositis complicated with interstitial pneumonitis and pneumomediastinum. Modern rheumatol. 2006;16:55-57.

4. Nakamura H, Kawakami A, Ida H, Origuchi T, Matsuoka N, Tsuboi M, Furuyama M, Mizokami A, Tsukada T, Nakashima M, Ejima E, Hamasaki K, Aoyagi K, Uetani M, Fukuda T, Honda S, Urayama S, Kawabe Y, Ueki Y, Mine M, Eguchi K. Clinical significance of anti-citrullinated peptide antibody in Japanese patients with established rheumatoid arthritis. Scand J Rheumatol. 2005;34: 489-490
 
 

 


戻 る