専門外来のご案内

TOP >業績

業績

厚生労働省

  • 2010年(平成22年)
  • 中島 格
  • 効果的医療技術の確立推進臨床研究事業
    「頭頸部がんのリンパ節転移に対する標準的治療法の確立に関する研究」
    主任研究者:斉川雅久(国立がんセンター東病院)
    分   担:「転移リンパ節の病理組織学的特徴に基づく治療法の研究」

    文部科学省

  • 2010年(平成22年)
  • 梅野博仁
  • 基盤研究(C)・平成22-25年度(4年継続)
    声門閉鎖不全の外科手術におけるエビデンスの解明

  • 2011年(平成23年)
  • 上田祥久
  • 若手研究(B)・平成23-25年度(3年継続)
    幹細胞移植による内耳再生における細胞間接着調節因子の有用性

  • 千年俊一
  • 若手研究(B)・平成23-24年度(2年継続)
    ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)に関連した喉頭腫瘍に対する喉頭局所免疫の関与

  • 三橋亮太
  • 若手研究(B)・平成23-25年度(3年継続)
    ナノ粒子化した神経栄養因子を用いた顔面神経再生の研究

  • 2012年(平成24年)
  • 佐藤公則
  • 基盤研究(C)・平成24-26年度(3年継続)
    ヒト声帯幹細胞と細胞周辺環境(ニッチ)の解明

  • 2013年(平成25年)
  • 千年俊一
  • 基盤研究(C)・平成25-26年度(2年継続)
    培養口腔粘膜を用いた組織工学的手法による声帯再生

  • 坂﨑 友
  • 若手研究(B)・平成25-26年度(2年継続)
    中咽頭癌における治療効果予測因子としてのYB-1遺伝子の解明

その他

  • 日本音声言語医学会 平成20年度音声言語医学に関する研究助成
  • 佐藤公則
  • 睡眠中の嚥下動態—睡眠時無呼吸症候群患者の睡眠中の嚥下動態—

  • 平成22年度石橋学術振興基金助成金
  • 千年俊一
  • 喉頭癌発症におけるヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の発現と喉頭局所免疫の関与

  • 平成23年度石橋学術振興基金助成金
  • 上田祥久
  • 幹細胞移植による内耳再生における細胞間接着調節因子の有用性

  • 平成21年度日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
  •     
  • 摂食・嚥下リハビリテーションに関する研究助成金
  • 佐藤 公則
  • 正常若年成人の睡眠中の嚥下と呼吸動態

  • 平成24年度日本音声言語医学
  • 千年 俊一
  • 培養口腔粘膜を用いたin situ tissue engineeringによる声帯再生

  • 平成26年度石橋学術振興基金助成金
  • 佐藤 公則
  • ヒト声帯粘膜の組織幹細胞の同定と局在

  • 平成26年度石橋学術振興基金助成金
  • 千年 俊一
  • 培養口腔粘膜を用いた組織工学的手法による声帯再生