専門外来のご案内

TOP > 専門外来の特色

専門外来の特色

腫瘍外来
当科では根治手術治療を柱として、放射線治療や化学療法を必要に応じて併用しています。また形成外科、食道外科、脳神経外科、放射線科と密接に連絡をとり、他科とのチーム医療に力を入れています。特に形成外科、食道外科と行う食道再建手術や形成外科、脳神経外科と行う頭蓋底手術は良好な治療成績を挙げています。頭頸部癌のどの部位に対しても、積極的に治療に取り組んでいます。

鼻副鼻腔癌

上顎癌が一番多く、その他鼻腔癌、篩骨洞癌、前頭洞癌、蝶形骨洞癌があります。ほとんどが、扁平上皮癌です。上顎癌の場合は超選択的動注化学療法と放射線治療との併用療法を行い、腫瘍が残存している場合や再発した際は、手術加療を行っています。周囲組織に進展する進行癌においては、頭蓋底手術を含めた拡大切除も行っています。

口腔癌

口腔内にできる癌で、舌癌が最も多く、その他歯肉癌、頬粘膜癌、口腔底癌、硬口蓋癌、口唇癌があります。治療の主体は手術治療ですが、切除による欠損が大きい場合は形成外科とともに行う再建手術が必要となり、手術自体も大掛かりなものになります。

上咽頭癌

鼻腔の後方に位置する咽頭の上方に発生する癌です。EBウイルスの感染や地域性が関与していると言われています。抗癌剤と放射線の感受性が高く、治療は化学療法と放射線治療の交替療法を行っています。

中咽頭癌

口腔の後方に位置する咽頭に発生した癌です。喫煙や飲酒、ヒト乳頭腫ウイルス感染が関与していると言われています。治療の主体は手術治療ですが、欠損範囲が大きい場合は再建手術が必要となります。

下咽頭頸部食道癌

喉頭の前方、食道の上方に位置する癌です。喫煙や飲酒が危険因子で、重複癌(他の部位に別の癌ができる)が多く、頸部リンパ節転移も多い癌です。進行癌で発見されることが多く、喉頭温存が困難な場合は、下咽頭・喉頭・頸部食道全摘出術と遊離空腸による食道再建術が必要となります。また、頸部食道(食道の入口部)の癌の手術、治療も当科で行っています。

喉頭癌

頭頸部癌の中では一番多く、喫煙の関与が大きいと言われています。喉頭癌は発生部位により、声門上癌、声門癌、声門下癌の3つに分類されています。 早期癌は放射線治療を行うことが多いのですが、進行癌の場合は手術(喉頭全摘出術など)を行います。

甲状腺癌

甲状腺に発生する癌で、予後が良い分化癌と非常に予後が悪い未分化癌に分けられます。分化癌の治療は手術治療です。

唾液腺癌

大唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)、小唾液腺に発生する癌です。組織型が多様で、治療は手術治療が第一選択となります。
腫瘍外来

音声障害を来す疾患の診断と治療

急性(慢性)喉頭炎・声帯麻痺(反回神経麻痺)・声帯ポリープ・ポリープ様声帯・声帯結節・声帯溝症・喉頭嚢胞・喉頭横隔膜症・喉頭肉芽腫症・声帯上皮過形成症・喉頭癌・喉頭乳頭腫・変声障害・痙攣性発声障害・心因性発声障害・過緊張性発声障害・喉頭外傷・喉頭アレルギー・咽喉頭逆流症などの各疾患に、診断は電子喉頭ファイバースコープ検査(NBI)・喉頭ストロボスコピー・音声検査を基本に、必要があれば喉頭筋電図検査・X線撮影・CT・MRI・などの画像検査を行います。治療は全身麻酔による口の中から行う手術(喉頭微細手術)を基本に幅広く行っています。また、疾患によっては言語聴覚士による訓練(音声治療:Voice Therapy)を行っています。

呼吸障害を来す疾患

両側声帯麻痺・喉頭外傷・喉頭癌・下咽頭癌・急性喉頭蓋炎・声門下喉頭炎・喉頭異物・喉頭アレルギーなどがあります。診断は疾患に合わせて電子喉頭ファイバースコープ検査(NBI)・喉頭ストロボスコピー・音声検査・呼吸機能検査や画像検査を行います。治療は各疾患に適した保存的治療や外科手術を行っています。

嚥下外来

当院では、嚥下障害に対する評価と治療を専門的に行っています。通常はファイバースコープを用いた嚥下内視鏡検査で評価をしますが、さらに精密な検査を必要とする場合には、嚥下造影検査(造影剤を飲みながら行うレントゲン検査)やCT・MRIなどの画像検査を行います。嚥下障害は単一の疾患から生じる場合が少ないため、他領域の専門医(内科、外科、脳外科など)との緊密な連携をとって診療を行う必要があります。また、手術により嚥下障害が改善することも少なくありません。当院では、特に内視鏡を用いた声帯内脂肪注入術や内視鏡下輪状咽頭筋切断術などの嚥下機能改善手術を、他院に先駆けて積極的に行い良好な成績をおさめています。
耳・側頭骨疾患外来

耳疾患外来

側頭骨は聴覚器、平衡器を納める頭蓋骨の一部で、耳を構成する器官です。当外来では、耳の炎症性疾患(慢性中耳炎、中耳真珠腫など)、耳の腫瘍性疾患(聴器癌、外耳道良性腫瘍、側頭骨腫瘍など)に対する治療を行っています。主には保存的治療で改善が望めない疾患に対する手術を行っています。また、聞こえに関する医療として、補聴器の適合や、人工内耳手術、伝音性難聴に対する聴力改善手術(鼓室形成術・アブミ骨手術)を行っています。

小児難聴外来

多くの医療機関で新生児聴覚スクリーニングが施行されるようになり、生後まもなく難聴の疑いを指摘される新生児が増えています。このため早期診断により早期聴能訓練が可能となってきました。当院外来では難聴を指摘された新生児や小児に対し精密聴力検査を施行し、難聴の有無や程度を診断します。診断結果により補聴器の必要性の判断やできるだけ早期の療育環境の指導を行っています。補聴器 を装用した場合、補聴効果を観察し、効果が芳しくない場合人工内耳手術の適応も検討します。小児の言語発達には聴覚が大きく関係します。このため言語発達の遅れ、構音の障害がある場合も精密聴力検査、発達検査を施行し、言語聴覚士による訓練・指導も行います。

めまい外来

当外来では、めまいや平衡失調で悩んでいる患者さんを診察しています。めまいの病気には、メニエール病や良性発作性頭位めまい症をはじめ、その他様々ものがあります。原因のはっきりしないめまい症、前庭神経炎、前庭機能の低下、遅発性内リンパ水腫、中枢障害によるめまい、突発性難聴、心因性めまい、不眠や疲労に伴う一過性めまい、眼精疲労にともなうめまい、乗り物酔いなどです。当科では、診察と種々の検査によってめまいやその他の症状の原因を検索します。結果の診断により内服による治療、リハビリによる治療、場合によっては手術による治療を選択し、症状の改善、再発を予防を図ります。

いびき外来

いびきでお困りの方に、その原因を説明し治療を行います。いびきだけではなく、これに伴う睡眠時無呼吸症候群(SAS)については、院内の他部門(精神科睡眠外来、歯科口腔医療センター、栄養部など)とも共同で診療を行っています。当科の特徴は、まずファイバースコープやX線撮影などの形態診断により、判りやすくいびきの原因を説明し、後日、終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査(1泊入院)によって、いびきだけなのか、SASを伴うのか正確に診断できることです。治療法は、このPSGの結果で決定しています。なお、小児のいびき・無呼吸症についても、成人同様に診療を行っています。

アレルギー外来

アレルギー性鼻炎は鼻炎の原因となる物質を吸い込むうちにアレルギーを起こす変化が体内で進行し、ある日突然、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状が出現する疾患です。 当外来ではアレルギーの原因物質を検索し、治療を行っています。
治療として
1.薬物治療
2.減感作療法:原因となる物質のエキスを皮下注射することで体質を改善していく治療です。極少量から少しずつ増量していくため治療に時間を要します。今後、舌下免疫療法をとりいれた診療も行っていく予定です。
3.手術治療:鼻粘膜レーザー焼灼術(外来日帰りで可) を症状により選択し施行しています。