部門紹介 研究業績 実験室紹介 学生教育 リンク




連絡先

お問い合わせ

部門紹介

21世紀は脳の世紀と言われ、科学はこれまで全く未知の領域であった脳機能(高次精神機能)の解明に向けて進んでいます。当教室では神経に興味を持つ人々が、電気生理学的手法、分子生物学的手法、形態学的手法を始め様々な方法を用いて、神経機能とその障害の解明に向けて熱心に研究に取り組んでいて、生理学というより神経科学講座とよばれるのにふさわしい研究を行っています。神経科学(Neuroscience)という言葉は、中枢及び末梢神経に関する学問の総称で、内容的には神経解剖、神経生理、神経薬理、神経化学などの基礎医学や神経内科学、神経精神科学、脳神経外科学などの臨床医学および心理学、行動学、人間工学などにも至る広汎な領域に及んでいます。神経科学の領域は人がヒトを理解する上で最後に残されたフロンティアかも知れません。 現在、原著論文が続々と発表され、研究は着実に進展しています。スタッフ全員が海外での研究生活の経験を有し、国際的視野を持っていますので、研究室では、研究者の個性が尊重され、明るく、伸び伸びとした環境のなかで国際的に十分評価される研究に従事することができます。研究設備は、殊に電気生理に関しては世界でも類を見ないほど整っており、また国外からの研究者の来室も多く、国際的な雰囲気のなかで研究を行っています。神経に興味を持つ方は、どのような種類の学問的基礎を持つ方に関わらず、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。一同御来室を心から歓迎いたします。

 

主な研究テーマ