トップページ > 外来について >外来医長あいさつ

外来医長 姉川 美奈

 久留米大学病院形成外科・顎顔面外科外来では、毎日60人前後の外来患者さんを診察しており、福岡県を中心に、北は山口県から南は鹿児島県まで遠方からも数多くの患者さんが来院されています。形成外科全般はもちろんのこと、曜日ごとに特色のある治療を行うことで、形成外科の多岐にわたる疾患に対応しています。各専門外来の詳細については、『外来担当医一覧』のページをご参照下さい。

 各外来担当医は、一人ひとりの患者さんに分かりやすい言葉で説明し、丁寧に診察することを心がけております。 また、小手術の設備も充実しておりますので、デイサージャリー(日帰り手術)も積極的に行っております。

 形成外科は、まだ皆様に診療内容をよく知られていない診療科です。形成外科では、がんなどで失われた形態や機能をより正常な状態に近づける手術(再建外科手術)や整容的手術(美容外科手術)だけでなく、顔面や手の外傷(けが)、また外傷や手術あとの瘢痕(きずあと)などといった身近にある問題も治療の対象としています。これらに該当するような症状やそれに関する悩みなどがございましたら、ぜひ当科外来を受診されてみてください。