トップページ > 診療について > 診療部長あいさつ

診療部長・主任教授 清川 兼輔

 久留米大学病院形成外科・顎顔面外科のサイトにご訪問していただき、ありがとうございます。

 1984年久留米大学病院に当科が開設されて以降、多くの患者さんを診療し、数多くの実績を積み重ねてきました。ここでは、わたくしどもが考えている形成外科について、わかりやすくお話していきたいと思います。


★形成外科とはどんな治療を行う科?
 形成外科には、1. 外傷(顔面骨骨折、やけどおよびそれによって生じたひきつれ、指趾の損傷や切断など)2. 先天異常(口唇口蓋裂、小耳症、漏斗胸、多合指症、頭蓋骨変形など)3. 腫瘍(母斑、皮膚腫瘍、血管腫など)4. 再建外科(がんの切除や外傷によって失われた組織の再建―例えば乳房再建)5. 難治性皮膚潰瘍(他科でなかなか治らない傷を治す)6. 炎症変性疾患(老人性眼瞼下垂、陥入爪・まき爪、顔面神経麻痺、涙道閉塞など)7. 美容外科(ふたえ、隆鼻、しわとり、脂肪吸引など)という7つの大きな分野があります。このように、形成外科は頭から足の先までの広い分野で様々な治療を行っています。

★形成外科の医療における目的は?
 形成外科の目的は、ひと言でいえば「患者さんの生活の質(Quality of Life)の向上を図ること」です。「患者さんが通常の日常生活に戻り社会復帰してこそ病気やケガの治療が完結する」というのが私共の信念です。このことは、生まれながらにして障害を抱えている先天異常の子供さんについても同じです。また、コンプレックスだったひとえまぶたをふたえにしてあげる美容外科も、ある意味人生の転機となり得る治療だと思います。

★質の高い医療を提供する「チーム医療」とは?
 形成外科の仕事として特記すべきことは、色々な科との垣根を取り払った「チーム医療」を行っていることです。ここで言う「チーム医療」とは、関連した科のプロの医師が集まり一人の患者さんの治療を横断的に行うことで、その科単独では不可能とされてきた治療を可能とすること、また不十分な結果しか得られなかった治療をより満足度の高いものにすることにあります。
 例えば、乳腺外科の先生とのチームで行う乳房再建もその1つです。私共の久留米大学病院では、先に述べた1〜7の領域に関係する多くの科とのチーム医療によって質の高い医療を患者さんに提供しています。

★形成外科は傷を治す専門家でもある。
 傷を早くきれいにそして他科ではなかなか治らない傷を治すこと(創傷治癒)も形成外科の一つの重要な分野です。近年、糖尿病によって生じた足の潰瘍、褥瘡(とこずれ)、術後の感染創など今までは治癒が非常に難しいとされてきた皮膚潰瘍の治療のニーズが急激に増加しています。今後は、内科を含めたチーム医療がより総合的に行える「創傷ケアセンター」の設立を目指しています。

 何か困ったことや悩みのある方、もう治らないとあきらめている方、もしかしたら私どもが解決できるかもしれません。思い当たる節のある患者さんは、当科をぜひ受診してみてください。


学会役職  
・日本形成外科学会 評議員(2018年度 第61回日本形成外科学会総会・学術集会 会長)
・日本創傷外科学会 評議員(2016年度〜2017年度 理事長)
・日本頭蓋底外科学会 副理事長
・日本美容外科学会 理事
・日本頭蓋顎顔面外科学会 監事
・日本頭頸部癌学会 理事
・日本創傷治癒学会 評議員
・日本マイクロサージャリー学会 評議員
・日本形成外科手術手技学会 監事
・日本シミュレーション外科学会 理事
・日本手外科学会 代議員
・日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 評議員
・日本褥瘡学会 評議員
・日本リンパ浮腫学会 理事