トップページ >後期臨床研修 > 先輩からのメッセージ

佐藤 真央 先生

2018年度入局

"病気は治っても、傷痕がこんなに汚かったら嫌だなあ。"昔、家族や周りの人たちの手術の跡を見て、そう思った記憶があります。
医学部に進学し、自分はなるなら外科系かなと考えていたある日、形成外科の授業が始まりました。文字よりも症例写真の提示が多かったのですが、誰もが縫うのを諦めそうなぐちゃぐちゃの顔が元通りになったり、先天的に耳のない子供の耳を作ったり、乳癌で失った乳房を再建したりするのを見て、"形成外科って何て繊細でクリエイティブな科なんだ!私が進むべき科はここだ!"と大きな衝撃を受けたのを覚えています。それ以来形成外科医になりたい気持ちは一切ブレず、2年間の研修を経てついに久留米大学形成外科に入局し、憧れの形成外科医となりました。
この医局を訪ねた時に感じたのは、医局の先生方の形成外科への熱意と、若手医局員への厳しくも温かい指導がなされているということでした。久留米大学形成外科では外傷・先天奇形・再建・美容と幅広く症例を扱っているため勉強することも多く、また再建などのロングオペでは体力も必要になるためとてもハードではありますが、温かくて愛情たっぷりのこの医局なら楽しくやっていける、成長していける、と確信し入局を決めました。
1年目は関連施設での勤務でしたが、上級医の熱血指導の下多くの症例を執刀・担当させて頂き、どうしたらよりきれいな傷になるか、どうしたらより早く治るか、などを常に考えながら診療することで日々新たな発見もあり、充実した1年を送ることが出来ました。これからも沢山の経験を積んで勉強し、機能面でも整容面でも患者さんのQOL向上の手助けとなれるよう頑張っていきたいと思っています。
そこで形成外科への道、ここへの入局を迷っているあなた!とにかく一度見に来てみてください!待ってます!

緑川 麻里 先生

2017年度入局

私は昔から多趣味で、裁縫、料理、ピアノ、ダンス、テニス、ソフトボール、バレーボール、サーフィンなどさまざまなことに興味を持って取り組んできました。次に何をするかを考えながら手を動かすということが得意で外科系に進もうと考え、その中でも多岐の分野に渡る形成外科に魅力を感じました。形成外科は、創傷治癒の知識を基本としながら、外傷や熱傷などの急性期疾患、難治性潰瘍や褥瘡などの慢性疾患、先天性奇形、腫瘍、再建、美容など、おそらくどの科よりも幅の広い分野を扱っています。手術もバリエーションが多く、卒後10年を超える先生でも初めて挑戦する手術に目を輝かせ、ひとつひとつの手術に工夫を凝らしながら手術をしている姿にいつも憧れます。分野が広い分、乳房再建といえばあの先生、熱傷で困ったらあの先生、というように同じ科の中でも自分の得意を探していけることも形成外科の魅力です。また形成外科は、外科系の中でも「創る」ということを特徴としている唯一の科とも言えます。私たちが治療を行うことで目に見えて変化を感じることができる時に、形成外科医としての喜びを感じます。
研修医時代に形成外科医を目指したいと考え複数の医局に見学に行きました。「ザ・体育会系」とも「バラバラの個人プレー」とも違う程よいチームワークと先生方の雰囲気が好きでこの久留米大学形成外科へ入局しました。また都心部の病院に比較すると専門にとがりすぎることなく幅広い分野を学べることも、久留米大学形成外科の特徴であると感じました。そして関連病院は比較的近い病院が多く、皆さんがこれからの人生設計を考える上でも働きやすい医局だと思います。
私たち久留米大学形成外科に興味を持ってくださった皆さんに語りたいことはたくさんありますが、まずは見学に来てみてください。形成外科は比較的新しい分野であり、これからどんどん可能性を広げていく科です。私自身できることを増やしていくとともに、若い皆さんと形成外科を盛り上げていきたいです。お待ちしています!

平川 愛子 先生

2015年度入局

将来は外科系に進みたいなぁ、という漠然とした思いを抱えながらも、何科すればいいかわからなかった研修医時代の後半、形成外科に出会いました。

丁寧な処置、繊細な手術、患者さんへの細かな配慮。
外科系に進む医師として必要なこと、全てが形成外科には詰まっていました。そしてそれらは今や求められる時代になっています。

地域によっては、まだまだ形成外科という診療科は浸透しておらず、なかなか治らない傷を治らないものと諦めたり、路頭に迷っている患者さんがたくさんいます。
少しでも多くの人に形成外科を知ってもらい、助けになってあげられればという思いでいっぱいです。

外科系に進もうと考えてるかた、形成外科に興味のあるかたは、久留米の医局に遊びに来てください。
久留米には教授をはじめ、形成外科に対する思いが熱い医局員がたくさんいます。みなさんの大事な将来を決める手助けができたら嬉しいです

神戸 優子 先生

2015年度入局

 跡がほとんどわからない傷と、ぷっくりと腫れたままの傷。その違いは何なのか?どうしてきれいな傷跡ときたない傷跡があるの?幼いころから漠然とそのことに疑問を持っていました。創傷治癒にかなりの興味を持っていたにもかかわらず、大学6年になるまで、興味がある科が形成外科にすべて詰まっていることを知りませんでした。自分の進みたい科はここなんだと悟ったとき、そして、この久留米大学形成外科の医局に出会えて、本当にラッキーだったなと私は思いました。他大学のように、症例に大きな偏りもなく、万遍なく様々な手術が日々行われています。さらに、他科との連携も強いため、様々な合同手術も行われます。なので、日々が新鮮で、手術に飽きることなく、毎日毎症例が新たな勉強になります。一つとして同じデザインのない手術なので、なんともクリエイティブな外科医としての修行ができます。そこに、奥深い大変さもありますが、なんとも得難い楽しみが詰まっています。傷跡を直接患者さんが見れる部分の手術が多いので、術後の結果が一見してわかる分、なかなか大変な仕事ですが、この楽しい医局だから楽しくしっかりと勉強していけているんだなと、この医局に入ってよかったなと思うことは多々あります。私は入局2年目でママドクターとなりました。専門医試験などどうなるのかと、出産して間もない頃は思いましたが、こんな私にもしっかりと指導をしてくれ、いずれきちんと専門医も取得できる環境を当たり前のように提供してくれる温かい医局です。なんとも激熱な愛情を持って医局員を育ててくださる教授を筆頭に、素敵な先輩に溢れています。形成外科に興味がある方は、是非一度見学にいらしてみて下さい。きっとあなたもこの医局にはまってしまうはずです!

坂田 憲亮 先生

2014年度入局

 もし、このページにたどり着いている方は少なからず、形成外科への興味がおありの方と思います。
そして、もし当医局へ関心がある先生方がおられるとしたら、「その選択は間違っていない!」と言いたいです。
 まず、清川兼輔教授をはじめとした、医局員の先生方の指導環境の充実さが挙げられます。時に厳しく、時に楽しく、形成外科の基礎からみっちり叩き込まれます。「なぜこの傷は治りにくいのか?」「どのようにしたら、より目立たず、きれいに治っていくのか?」「なぜ、このデザインになるのか?」などの「なぜ?」を常に考えながら日々を過ごし、毎日の上級医の先生方の発言、カンファレンスでの質疑を経ることで、何もない空っぽの容器の底に、少しずつ、少しずつ、知識と発見の喜びが蓄積されていくことを実感できます。
 次に、多分野に及ぶ形成外科学においてバランスのとれた診療体系になっていることが挙げられます。外傷・先天奇形・再建・美容と当医局では、万遍なく毎日手術が行われており、症例に困ることはまずありません。形成外科分野はある意味、匠の世界の意味合いも強いので、多くの手術を経験できることは非常に大きな強みです。
 そうは言っても、文面では伝えられる範囲に限界があります。「何か、久留米っていいかもなぁ」と思われた方は、まず、電話やメールでもいいのでコンタクトを取ってみて下さい。そして、一度見学に来られて下さい。歓迎しますよ!

形成外科を志す先生方へ

久留米大学形成外科・顎顔面外科講師 古賀 憲幸

 医師を夢見たみなさんには、けがを負った人を治療したいという願望があると思います。さらに言えば小さな子供からお年寄りに至るまで、早くきれいに治療したいものです。みなさんは、それをどのようにしたら実現することができると思われますか?そのようなことを専門に診療や研究を行っているのが、形成外科という外科学なのです。またその形成外科の根底にあるものは、創傷治癒の理論です。我々形成外科医は、その創傷治癒の理論を基に外傷、先天異常、再建、美容の各分野で診療を行っています。

 日本における形成外科の歴史は、他の診療科と比較して短いものですが世界をみてもそのレベルはトップクラスにあります。また、自分が形成外科を志した15年前と比較しても、新しい手術法や技術が日々開発されており活気にあふれた診療科であるといえます。形成外科はこれからの社会や世界において大いに活躍が期待されている診療科にもかかわらず、まだまだ専門のトレーニングを積んだ形成外科医が少ないのが現状です。

 私が所属している久留米大学形成外科・顎顔面外科は、九州では二番目に設立された歴史のある講座です。九州の中でも地方都市である久留米に位置しているため、大都市にある講座と比べると何か見劣りするように思われるかもしれません。しかし、清川教授を筆頭に他大学や施設の形成外科の先生達と、時には学会等で活発なディスカッションを行い、時には仲良く交流することによって、形成外科のレベルを常に高く保つように各医局員が日々努力しています。また、久留米大学病院には九州・山口で唯一の高度救命救急センターが設置されており、ドクターヘリも所有しています。そのため、地方であるが故に広い地域から外傷を中心に多岐にわたる分野の症例が集まります。この地域にとって形成外科は、非常にニーズが高く不可欠な診療科であるのです。

 私たちは、多くの大学から集まった仲間と一緒に切磋琢磨する医師を常に求めています。文面だけでは魅力が伝わりにくい部分もあるとは思います。興味がある先生方は、ぜひ見学や研修を行ってみてください。きっと分かっていただけると思います。私たちは、未来の形成外科医をいつでもお待ちしています。