トップページ >教授挨拶

主任教授 清川 兼輔

 ようこそ!私どもの久留米大学医学部形成外科・顎顔面外科学講座のサイトへ。私が、現在当講座の主任教授を務めております清川兼輔です。
 このページでは、私どもの講座の歴史とその中で一貫して貫いてきた理念、そして診療・研究内容についてご紹介いたします。

 久留米大学医学部および病院に形成外科が発足したのは、今から20年前の1984年2月です。当時慶応大学形成外科の准教授であった田井良明先生が教授として赴任され、最初は診療科として発足いたしました。田井先生は日本の再建外科のパイオニアとして国立がんセンター等で大いに活躍された方で、「患者さんのQuality of Lifeの向上のために」が、最初からのモットーであり、それは教室の理念として今も脈々と生き続けています。すなわち「手術によってがんやけががよくなっても、その後に患者さんが人間らしい普通の生活そして社会復帰ができなければその意味は半減する。再建外科の役割は、機能と整容の両方を可能な限り元通りの状態に回復させることにある。顔面を中心とした先天異常しかり、そして最終的には美容外科もその延長線上にあることを忘れてはならない。」ということです。

 1990年4月には久留米大学形成外科講座として独立し、田井良明先生がその初代主任教授として就任されました。 私自身は、久留米大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科ならびに一般外科でのトレーニングの後、1990年9月より当講座の講師、1999年1月より准教授として田井先生の元で研鑽をつんで参りました。私も田井先生の理念どおり再建外科を中心に臨床・研究・教育に携わってきましたが、私をさらに大きく飛躍させてくれたのが講座や診療科との枠を超えた質の高い「チーム医療」でした。 複数の講座や診療科のチーム医療により、その当時(約25年前)は極めて困難もしくは不可能とされていた頭蓋底手術や下咽頭・食道の手術を他施設に先駆けて成功することができました。
 私ども久留米大学のチーム医療は、20年以上の歴史と実績そしてその中で培われてきた強い信頼関係と質の高さで、他の施設には絶対に負けないと自負しています。

 2002年7月には、講座名が久留米大学形成外科・顎顔面外科学講座と講座名が変更されました。これは、医学部の方針として、歯科口腔外科を歯科口腔医療センターとして歯科を中心とした治療に特化し、腫瘍は耳鼻咽喉科、顔面骨骨折や先天異常の顔面の手術は形成外科で行うことを明記するためでした。したがって当科の改名と同時に耳鼻咽喉科も耳鼻咽喉科・頭頚部外科学講座と名称が変更されています。

 2004年3月に田井良明先生の定年退職に伴い、2005年2月より私が当講座の主任教授に就任致しました。私が2代目教授として選出されたのも、チーム医療の中であげてきた数多くの成果が評価されたものと考えています。今後、私自身も今の講座の理念を曲げることなく貫いていくつもりです。

 私はうわっつらだけの実力のない形成外科医を育てるつもりはありません。再建外科を中心としてあらゆる分野の形成外科的知識と技術を身につけ、他科の先生方からあつく信頼され、そして患者さんの要望と期待にこたえられる真の形成外科医を育てていきたいと思います。そして近い将来はそうした真の形成外科医が医療としての美容外科を実践していけるような教育および環境作りも行っていきたいと思います。

教授略歴

福岡県久留米市出身

昭和58年 久留米大学医学部医学科卒業
昭和62年 久留米大学大学院医学研究科(臨床医学系耳鼻咽喉科学専攻)修了
医学博士取得・久留米大学病院形成外科
平成2年 久留米大学医学部形成外科学講座講師
米国ワシントン大学 Children’s Hospital留学
平成11年 久留米大学医学部形成外科学講座 助教授
平成17年 久留米大学医学部形成外科・顎顔面外科学講座主任教授

現在に至る

学会役職

日本形成外科学会 評議員(2018年度 第61回日本形成外科学会総会・学術集会 会長)

日本創傷外科学会 評議員(2016年度〜2017年度 理事長)

日本頭蓋底外科学会 副理事長

日本美容外科学会 理事

日本頭蓋顎顔面外科学会 監事

日本頭頸部癌学会 理事

日本創傷治癒学会 評議員

日本マイクロサージャリー学会 評議員

日本形成外科手術手技学会 監事

日本シミュレーション外科学会 理事

日本手外科学会 代議員

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 評議員

日本褥瘡学会 評議員

日本リンパ浮腫学会 理事