TOP >  診療業務紹介

九州の大学病院で初めて
保険診療による子宮筋腫に対するカテーテル治療を開始
婦人科医師と密に連携した精度の高い治療

担当医師:准教授 小金丸雅道

 久留米大学病院では、2016年11月から子宮筋腫に対するカテーテル治療:子宮動脈塞栓術(UAE)を開始しました。保険診療による当治療は、九州の大学病院では初めてです。UAEとは、子宮筋腫に栄養を与えている子宮動脈を、塞栓物質で詰めることにより、筋腫への血流を遮断し筋腫を縮小させ、筋腫による症状(過多月経、痛み、圧迫感)を緩和する治療法です。UAEは局所麻酔で行います。入院日数、社会復帰までの期間が短い低侵襲な治療であり、手術のような大きな傷跡が残らず、子宮を温存できる利点があります。

                久留米大学医学部放射線科 小金丸雅道


UAEの歴史と経緯について

 1990年代にフランスで始まった子宮動脈塞栓術(以下UAE)は、90 年代後半から日本でも実施され始めました。しかし当時の子宮動脈の塞栓物質は保険適応がなく、長い間高額な自費診療で行われてきた経緯があります。その後、2014 年から保険診療でUAE が実施できるようになりましたが、全国で治療できる施設は限られています。また、正確な情報が医療関係者や患者さんに伝わっておらず、誰もが普通に受けられる治療となっていないのが現状です。

当院でのUAEの特徴


 子宮筋腫は婦人科領域の疾患です。当院では、これまで多くの子宮筋腫治療に携わってきた婦人科医師と、治療前の診断から治療後まで密に連携をとり、質の高いUAE治療を行います。UAE前は、婦人科医師による超音波断層診断、子宮頸部および体部の内膜細胞診検査、MRI検査などをおこないます。UAEは悪性疾患の存在を否定することが必須であり、これらの検査により患者さんは安心してUAEを受けることができます。またUAE後に稀に起こる合併症として、筋腫分娩などがあります。持続する発熱や性器出血継続時は、必要に応じて婦人科医師の診察を受け適切な処置を行います。

UAEの適応について


適応は下記の如くです。

  • •子宮筋腫由来の有症状例(過多月経、圧迫症状など)
  • •症状が薬剤治療で制御困難
  • •外科的手術の適応とならない、または希望しない
  • •妊娠をしていない、将来の妊娠・分娩を希望しない
  • •子宮癌検査が陰性 (MRIなどを含めて、子宮肉腫の可能性が極めて低い)
  • •骨盤内に感染症がない
  • •閉経前である
  • •最後のホルモン療法後、最低8週間以上経過している

なお、UAE治療の適応とならないのは下記項目です。

  • •骨盤内の活動性感染症(禁忌)
  • •子宮・附属器の悪性腫瘍、あるいは悪性腫瘍が強く疑われる(禁忌)
  • •造影剤の重篤なアレルギー歴がある
  • •症状の原因となっている子宮筋腫に血流がない
  • •UAEよりも望ましい治療法がある
  • •凝固異常・免疫異常がある
  • •挙児希望がある

UAE治療を慎重に検討する項目は下記です。

  • •巨大な子宮筋腫  •筋腫分娩      •子宮腺筋症の合併
  • •子宮腺筋症の合併 •良性卵巣腫瘍の合併 •慢性子宮内膜炎
  • •有茎性粘膜下筋腫 •有茎性漿膜下筋腫  •卵管水腫
  • •骨盤内に対する放射線治療の既往

 

UAEの実際


①治療の準備を病棟でおこないます。
治療当日の食事は一時絶食ですが、水分は摂取頂いて構いません。腕から点滴をし、痛み止めなどの注射を開始します。両脚には弾力ストッキングを履いて頂き、両側の脚の付け根あたりの一部除毛をおこないます。また、尿道にカテーテルを留置します。

②血管造影室にて。
上を向いた状態で寝て頂きます。両側の脚の付け根を中心に消毒し、清潔なシーツを体全体にかけます。脚の付け根あたりに局所麻酔をおこない、皮膚に5 mm程度の小さな傷を入れた後に、脚の付け根にある動脈からカテーテルを挿入します。この治療は局所麻酔で行うので、患者さんは意識がある状態です。カテーテルを両側の子宮動脈に挿入し、塞栓物質を用いて治療します。治療時間は60分から120分程度です。

子宮筋腫

治療終了後は、針を刺したところを押さえて止血します。止血にかかる時間は10-15分程度です。傷は小さいため、糸で縫合する必要はありません。その後は2-3時間程度安静にして頂きます、多くは治療日の夕方あたりから座ったり、歩いたりすることが可能です。
UAE後は下腹部痛や発熱を認めることが多いので、あらかじめ痛み止めを注射します。また症状に応じて対症療法を行います。
入院期間は、3-4日程度です。退院後は定期的に血液検査やMRI検査をおこなっていきますが、性器出血などの症状がある場合は、婦人科医師の診察も受けて頂きます。

子宮筋腫

UAEの治療効果について

学術論文で報告されているUAEの有効性を表で示します。

グラフ

Dariushnia SR, et al. J Vasc Interv Radiol. 2014;25:1737-47



UAEの合併症について

学術論文で報告されているUAEの合併症を表でまとめると下記になります。

グラフ2

Toor SS, et al. AJR Am J Roentgenol. 2012;199:1153-63

 

欧米では当たり前の子宮筋腫のUAEを、九州でも当たり前の治療にするために、久留米大学病院ではUAEを開始しました。ご相談は下記までご連絡ください。

 

問い合わせ先

 

   ご質問、ご相談は遠慮なく下記にご連絡ください。

   久留米大学医学部放射線科  小金丸雅道(こがねまるまさみち)

   0942-31-7576(医局直通)

   E-mail: mkoganemaru@med.kurume-u.ac.jp メールはこちらへ