Kurume University Hosptial

Advanced Emergency Medical Service Center


久留米大学病院

高度救命救急センター

About the Center

高度救命救急センターについて

センター長挨拶

当高度救命救急センターは、1981年6月に救命救急センターとして開設された三次救急医療施設です。1990年からは地方都市における救命救急センターの課題でもある長距離搬送時の病態悪化の対策としてのドクターカーの運用を開始し1994年に九州で初めての高度救命救急センターとなりました。2002年からは我が国5番目のドクターヘリ導入施設として運航を開始し、現在では重症多発外傷患者を始め重篤な救急患者に対して、救急現場へ直接着陸することによって早期治療開始が可能となり、救命率の向上と後遺症の軽減にドクターヘリ運航はその役目を確実に果たしています。2016年からは救急隊が院内に待機し、救急要請があれば医師、看護師同乗で現場に向かい治療を開始するワークステーションドクターカーを24時間体制で開始しております。そして、我が久留米大学病院は災害拠点病院としてのDMAT隊員も4チーム編成され、2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震にも当センターからDMATチームを派遣しております。災害、病院前救急のみならず、救急搬入された患者さん初期診療、外科的治療、集中治療管理をして退院までの診療ができる体制を作っています。

教育面では、学生に対しては各種レクチャーや、全国医学生CPR選手権を目指す救急サークルへの指導・教育、研修医に対しては日々の診療、手技を始め救急患者に対するシミュレーション訓練、学会活動の指導などを行っています。また、救急隊に対しても救急搬送事例の検証作業をメディカルコントロールの一環として行っています。また、off the job trainingとしてICLS、JPTEC、JATECを始め各種コースのインストラクターも多数在籍しており福岡県を始め全国各地で指導しています。

研究面では、敗血症・外傷診療での臨床研究、動物実験を行っており大学院で学位取得、その後の留学も可能です。

当センターは後期研修医・スタッフを募集しています。ドクターヘリ(ドクターカー)に興味がある、災害現場で医療貢献したい、外傷診療を行いたい、集中治療管理を行いたい、などお考えの先生はいつでもご連絡ください。久留米で救急医学の道を一緒に歩みましょう。

久留米大学病院高度救命救急センター長
久留米大学医学部救急医学講座 主任教授

 高須 修  

Timeline of Center

Since 1968

1968年 救急病棟(5床)
1969年 救急治療部(10床)
1981年 救命救急センター(35床)
1990年 地方型のドクターカーシステム導入
1969年 救急治療部(10床)
1994年 高度救命救急センター
1998年 センター増床(50床)
2002年 ドクターヘリ運航開始
2009年 新病棟へ移転(44床)
2010年 新病棟屋上(15階)ヘリポート完成
2012年 久留米大学病院高度救命救急センター開設30周年
ドクターヘリ運航10周年
2016年 久留米市ドクターカー本格運行開始

Medical Contents

救急領域での病院前を含む初期診療から集中治療まで迅速に対応します。

対象疾患

心肺停止 ショック 意識障害 頭部外傷 胸部外傷 腹部外傷 骨盤骨折 脊髄損傷 多発外傷

急性腹症 虚血性心疾患 急性大動脈解離 重症不整脈 脳血管障害 呼吸不全 多臓器不全

敗血症 消化管出血 特殊感染症 血液疾患 急性薬物中毒 など

  • ショック・・・ショックには様々な原因がありますが、出血、心疾患、感染症など様々な疾患に対して迅速に対応しています。出血性ショックなどに対しても緊急手術やTAE、緊急内視鏡を用いた止血を行い対応しています。
  • 重症・多発外傷・・・外傷診療を専門とするスタッフを中心に診療を進めていきます。ショックを合併している胸腹部外傷、骨盤外傷など正確で迅速な救急処置を必要とする外傷診療についても処置室開胸、開腹、TAEなどを積極的に行い各専門医と連携を取って全身治療を行います。
  • 敗血症・・・臓器保護と感染症治療、人工呼吸器や急性血液浄化など、緻密な集中治療を行い多臓器不全という体内の複数臓器の機能障害に対する治療を行います。
  • 脳保護療法・・・重症頭部外傷・心肺蘇生後等に低体温療法を行い、中枢神経障害を防止 しています。
  • 急性薬物中毒・・・急性薬物中毒に対して、標準的初期診療から早期診断・早期治療を目的に緊急血中・尿中薬物解析装置を用いて治療を行うなど迅速な対応を行います。
  • 急性心筋梗塞などの心疾患・・・緊急カテーテル検査を含め、呼吸・循環不全に対してPCPS・IABPなどを用いた補助循環下に専門的治療を行います。

Doctor heli

福岡県ドクターヘリ

救急専用の医療機器を装備し、救急医療の専門医師と看護師が搭乗した専門ヘリコプターです。これを救命救急センターに常駐させ、消防機関等からの出動要請に基づき、救急現場に向かい、現場及び救命救急センターに搬送するまでの間、患者に救命医療を行います。 全国で5番目に福岡県に配備され、学校法人久留米大学が事業主体となり、久留米大学病院高度救命救急センターを基地病院として、平成14年2月1日から福岡県全域を対象に運航を開始しました。平成15年9月30日からは、佐賀県全域に、現在は大分県一部にも運航しています。平成26年12月からは佐賀県と相互応援に関わる基本協定を締結し、自県で対応できない事案を相手県が保管することが可能となっています。

Doctor Car

久留米市ドクターカーシステム

平成28年4月1日より重症傷病者の救命率の向上と後遺症の軽減及び高度化する救急業務に対応するための救急救命士に対する生涯教育体制の確立を目的とした、派遣型救急ワークステーションを活用したドクターカーシステムを久留米市、久留米広域消防本部、久留米大学病院が連携協力し24時間運行しています。救急隊員が久留米大学病院高度救命救急センター内に常駐し救急業務を行う派遣型救急ワークステーションの救急車に、医師及び看護師が同乗し重症事案に対応します。

Center Screens

院内マップ

Contact

 救急医療に興味を持つ多くの方へ

  • 救急医学では興味がある方のそれぞれの希望に応じたプログラムをとることが可能です。症例の数・多彩さから豊富な可能性があります。
  • 久留米大学医学部救急医学講座では、外科手術やIVR、内視鏡的治療などの根治的治療の他、高度な集中治療まで幅広い診療体制の充実を目指しています。
  • 見学希望や研修の他、共同研究についても募集していますのでどしどしご連絡ください。様々なご相談にもできる限りお答えします
  • 随時、様々な方面から共に仕事をすることを希望される方の連絡をお待ちしています。

患者さまのご紹介

  • 電話:0942-31-7643(救命センター受付)

見学問い合わせ

  • 代表:0942-35-3311(内線:3553)
  • 直通:0942-31-7732
  • 担当:平湯 恒久
  • kyukyu@med.kurume-u.ac.jp
  • 住所:〒830-0011 福岡県久留米市旭町67番地