本文へジャンプ

久留米大学病院 高度救命救急センター

救命救急センター入り口

救命救急センター入り口

久留米大学病院高度救命救急センターは、3次救急を中心に1次、2次救急まで多くの重症患者が搬送されます。

救急初療室

救急初療室

初療室は常時、同時並列で2例が受け入れられるような体制でスタンバイされています。救急室開胸・開腹を含めた様々な集中治療体制を取ることが可能です。

機器―内視鏡装置―

機器―内視鏡装置―

初療室に近接して上部・下部消化管内視鏡、気管支鏡を備えており、消化管出血や窒息・喀血などに迅速に対応できます。

機器―X線透視装置―

機器―X線透視装置―

初療室に近接して一部放射線管理区域になっており、初療の一環としての様々な検査・治療に対応できます。

集中治療室

集中治療室

初期治療後は、ICU・CCU・HCU(脳外科・外科・内科)と専門治療などを含めた救急科及び他科専門医、看護師間で密接に連携を取っています。

カンファレンスルーム

カンファレンスルーム

様々な治療方針の決定や抄読会・研究会を含め多目的使用が可能なカンファレンスルームが病棟内に設置されています。

研究室

研究室

救急医学講座内に設置されている研究室には研究機器が設備され、救急医学に関する基礎実験・データ収集・解析等の様々な臨床研究を行うことができます。

高度救命救急センターの役割

高度救命救急センターの役割

久留米大学病院高度救命救急センターは、24時間体制で稼働し続けています。地域災害拠点病院としての一面も持ち重要な役割を果たしています。