久留米大学医学部外科学講座小児外科部門

こどもたちの輝く未来のために… これまでも、これからも。

昭和3年に九州医学専門学校の設置とともに開院した附属病院が現在の久留米大学病院です。久留米大学での小児外科診療は日本小児外科学会の設立よりも早く、昭和38年から行われています。
九州医学専門学校は時代とともに九州高等医学専門学校、久留米医科大学、久留米大学医学部と変遷しますが、久留米大学には変わることなく脈々と受け継がれる理念があります。

国主の理想は常に仁なり

私たちは、こどもたちの輝く未来のために、この歴史と理念を継承しつつ、新たな医療の充実に努めます。