久留米大学 先端癌治療研究センター

最終目標は「実際のがん医療、がん患者に役立つこと」

がんは国民病のトップであり、新たな治療法の開発が切望されております。このような社会からの要望に応えるべく、当センターでは1997年の設立以来、新しいがん治療法の開発に焦点を絞り研究活動を行ってまいり、多くの実績を世界に向けて発信してきました。

中でもがんペプチドワクチン療法に関する研究は目覚ましい発展を遂げ、2008年に新設された先端医療開発特区、いわゆるスーパー特区に指定され国家的重点課題として医薬品実用化へ向けての研究が推進されていくことになりました。新たな治療法の開発には臨床研究が必須です。当センターにおける臨床研究を強力に推進する目的で、従来からの 3部門(がんワクチン分子部門、肝癌部門、分子標的部門)に加え、2009年4月より臨床研究部門を新設し、野口正典教授をお迎えしました。

最終目標は「実際のがん医療、がん患者に役立つこと」

今後は、4部門体制で研究活動を推進してまいりますので、皆様からのますますのご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

先端癌治療研究センターの主な研究部門

がんワクチン分子部門

前立腺がんを対象とするテーラーメイドがんペプチドワクチンを、富士フィルム(株)と共同で医薬品承認に向け、研究開発を行っています。
また、カクテル製剤の第Ⅰ相治験を医師主導治験として開始しました。

この部門の詳細へ

肝癌部門

「肝癌発症転移の革新的診断マーカーならびに新規治療法の開発」「肝発癌・発育過程でのcancer stem cellの同定解明と同定因子の早期診断マーカーへの有用性の検討」を主たる研究テーマとして取り組んでいます。

この部門の詳細へ

分子標的部門

分子標的治療を含む新しいがん治療の開発とがん患者に個別化して対応する最適化医療の開発を目標に研究を行っています。我々の部門から申請していた平成24年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業が採択されました。

この部門の詳細へ

臨床研究部門

がん患者に対するテーラーメイド型のペプチドワクチン療法開発のために探索的試験や臨床試験を行っています。テーラーメイドペプチドワクチン療法と抗癌剤、漢方薬併用による免疫抑制細胞の減少を目的とした第Ⅱ相臨床試験も実施中です。

この部門の詳細へ

お知らせ

  • お知らせ一覧
2014.09.04
平成27年度大学院生募集について
先端癌治療研究センターでは平成27年度大学院生を募集しています。
詳しくはこちら
2014.04.22
スタッフ紹介を更新しました。
スタッフ紹介はこちら。
2014.09.04
研究補助員の募集について
がんワクチン分子部門では研究補助員を募集しています。
詳細はこちら
2014.04.01
イメージ画像
WEBサイトをリニューアルしました
先端癌治療研究センターの最新情報を掲載していきます。
2014.04.22
市民公開講座「がんを制する:新しい医療」の開催が決定しました。
先端癌治療研究センターでは、市民公開講座の開催を予定しています。
2013.06.17
「がんを生きる」市民公開講座について
先端癌治療研究センターでは、がんワクチンセンター開設を記念して、市民公開講座を開催いたします。
カフェで学ぼうがんのこと
一般の方 診察をご希望の方へ

本センターは研究施設の為、一般の診察をお受けしておりません。診察が必要な方は久留米大学病院へお問い合わせください。

久留米大学病院
研究内容、実績等のお問い合わせに関しましては、下記よりお願いします。
お問い合わせ