メンバー

集合写真

教授

嶋雄一

嶋雄一

福岡県立筑紫丘高校から九州大学医学部に進学し、1996年に卒業しました。3年間の臨床研修の後、大学院進学を機に、当時基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)におられた諸橋憲一郎先生の研究室に加わり、2008年まで基礎研究の修行をしました。諸橋先生の移動を機に、2008年に母校である九州大学へ戻った後、2016年に縁あって川崎医科大学(岡山県倉敷市)の解剖学教室へ赴任し、樋田一徳教授のもとで、解剖学教育の修練を積みました。2021年10月に当教室に主任教授として着任し、現在に至ります。福岡生まれ福岡育ちですが、久留米とはこれまで縁がありませんでした。この地で教室を主宰する機会を得たことを、とても光栄に感じています。

researchmap

Full ORCID iD – ORCID logo https://orcid.org/0000-0002-0281-8602

教授(先端イメージング研究センターとの兼務)

太田啓介

太田啓介

名古屋生まれ。九州大学農学部で遺伝学を専攻し、今で言えばフェノタイピングのようなことをするのがきっかけで形態学に。1993年に久留米大学に赴任。長く解剖学講座(顕微解剖)に席をおいて研究・教育に携わり、教育では能動学修、協同学習に取り組んで来ました。2017年より久留米大学医学部電子顕微鏡室の専任教員として移動。機能を拡充させるために先端イメージング研究センターとして改組、2019年に教授に同センターの昇任いただき現在に至ります。久留米大学は形態科学、特に電子顕微鏡については輝かしい歴史を持っています。解剖学教育にも関わりつつも、その伝統を更に発展すべく、今までだれも見ることができなかった世界を観るための新しい技術開発に取り組んでいます。(Keywords: FIB-SEM tomography, Array tomography, CLEM, Mitochondria)

researchmap

講師

平嶋伸悟

平嶋伸悟

福岡県に生まれ、福岡県立嘉穂高等学校卒業後、歯科医師を志し、九州歯科大学に入学、卒業後は久留米大学医学部歯科口腔医療センターにて研修を行いました。学生時代に研究室配属で研究に興味を持ったため、研修修了後には大学院(同大 医学部解剖学講座 顕微解剖・生体形成部門)へと進学しました。当時、教室を主宰しておられた中村桂一郎先生に師事し、桂一郎先生が上原康生先生の門下生ということもあり、形態学的解析(電子顕微鏡を主軸とした顕微技法)を中心にその研究を進めてきました。現在も電子顕微鏡による3次元微細構造解析を基軸とし、「Beauty is truth, truth beauty 」「神は細部に宿る」を信念に、Periodontal ligament・コラーゲン線維束・線維芽細胞・異種細胞間ネットワークに関わる研究を進めています。また、上記に限らず、各種イメージングによる解析で共同研究を行っています。

researchmap

Full ORCID iD – ORCID logo https://orcid.org/0000-0002-6558-6482

助教

中村悠

中村悠

東京理科大学基礎工学部卒業後、京都大学医学部高次脳形態学(教授:金子武嗣先生)で神経解剖学の研究に着手し、博士号を取得しました。その後、川崎医科大学解剖学教室への勤務を経て、2019年8月から当教室の助教に着任しました。研究については、脳の作動原理の解明に繋がるような解剖学的研究をするのが目標です。現在は電子顕微鏡で脳内軸索線維を観察するためのウイルスベクター開発や、視床・大脳皮質における神経回路網についての研究を進めています。教育については、学内では組織学や神経解剖学を担当し、学外では解剖生理学の講義や実習を担当しています。

研究補助職員

  • 嶋香奈子(実験補助業務)
  • 岩佐直美(秘書業務)

名誉教授

  • 猪口哲夫先生
  • 中村桂一郎先生

客員教授

  • 藤田守先生
  • 平田憲先生
  • 金澤知之進先生

これまでの在籍者