If you visit Kurume for teaching or collaboration purpose, you can enjoy "Click Here".



2017/5/30 修士課程「助産と生殖科学」の講義資料を掲載しています。



4月より新メンバーが加わり、新たな研究体制が整いました。今後とも宜しくお願い 致します。
April 2017: New members join our department. It`s the time for us to actively perform research hopefully to provide rationale for developing novel therapeutic strategies and improving current therapies.



3月10日、広島大学先端科学総合研究棟で行われた、4th HiHA (Hiroshima Research Center for Healthy Aging) International Symposiumでの記念撮影のスナップです。8名の招待講演者と活発な討論が行われ、大変充実した学会でした。
Dr. Emiko joined the 4th HiHA International Symposium at Hiroshima University on March 10th, 2017. The meeting was consisted of the great presentations by eight invited speakers accompanied with fruitful discussions as well as constructive remarks.



新年あけましておめでとうございます。今年も何卒宜しくお願い申しあげます。

Happy New Year!! With Many Best Wishes for your Sparkling 2017, Cheers!!




今年度の大学院医学研究科研究発表会で、氷室先生が最優秀賞を、矢野先生が優秀賞を受賞しました。おめでとう。

Himuhimu`s presentation received first award, and Arisa`s presentation received second award in Annual meeting of PhD students at Kurume University School of Medicine. Congratulations and Cheers with your one-two finish!!!



第6回 溝口主任教授コンサルタント会を平成28年12月1日、中津留にて行いました。
皆さん、良い新年をお迎えください。

Medical students (M3, M2, and M1) in our team. Do your best to be a great doctor to save the lives of patients!!



日本免疫学会で有紗先生の英語口頭発表とポスター発表に、米国からの招待講演者であるスタンフォード大学医学部Steve Galli教授とシカゴ大学医学部教授Cathy Nagler教授が駆けつけて下さいました。
心より感謝申し上げます。

Arisa did a great job at her oral presentation in English at Annual Meeting of Japan Society of Immunology, Okinawa. Prof. Steve Galli, Stanford University and Prof. Cathy Nagler, University of Chicago kindly came to the support for her presentation. Millions of Thanks!!



ブラウン大学医学部のLee教授がchitinaseのご講演をされました。
医学部3年生や大学院生ともグループ討論され、久留米大学の英語力の高さに驚かれていました。
ご参加された皆様に心より感謝致します。

Prof. Chun Geun Lee, Brown University Warren Alpert School of Medicine, USA delivered a great lecture about the role of chitinase 3 like 1 in inflammation, injury and tumor metastasis. Before the lecture, he also enjoyed an active group discussion in English with our medical school students and PhD students. Millions of Thanks to Prof. Lee.



恵美子先生と氷室先生が石橋学術振興基金からの助成金を頂きました。
Breakthrough目指して頑張ります。
Dr. Emiko and Himuhimu received research support from Ishibashi Foundation. They will do their best to make a breakthrough for saving the lives of patients.




医学部学生研究者として末宗君が当講座で研究を開始しました。
Breakthroughを起こしてくれることを期待して皆で乾杯。
A medical student starts research in our Immunology Department hopefully to make a breakthrough for improving the lives of patients with IBD.




第5回溝口主任教授コンサルタント会を平成28年7月4日に行いました。
今年は3名のニューメンバーを迎え、益々賑やかになりました。



竹内先生のアブストラクトが、今月京都で開かれるAsian Organization for Crohn`s and Colitis 国際学会のベストアブストラクト6人に選ばれました。
Abstract by Dr. Takeuchi has been selected as Best 6 Abstracts in Asian Organization for Crohn`s and Colitis (AOCC). Congratulations!!




医学研究のイロハから指導して頂いたハーバード時代の恩師二人に東京でお会いし、いよいよ本格的に研究再開です。
We and our young lab members really enjoyed discussion at Tokyo with our former mentors at HMS, Boston, USA, Prof. Daniel K. Podolsky and Prof. Richard S. Blumberg who both have instructed us what medical science is (for patients) and how to conduct research (work hard with a substantial depth and with innovative concept). Millions of Thanks!!


免疫学講座の新たなメンバー達です、何卒宜しくお願い申し上げます


2016/5/10 「医学英語入門」の講義資料を掲載しています。
2016/6/2 看護学科「免疫学」の講義資料を掲載しています。


 Innternational Online Conference

手振り身振りを含めた実践英語を肌で感じてもらうため、月2回行われていたハーバード大学医学部とのSKYPEテレビ会議には、本学医学部学生をはじめ久留米大学附設中学の生徒さん達にも多数参加して頂きました。今後も不定期ではありますがInternational Online Conferenceを継続致しますので宜しくお願い致します。

The International Online Conference through SKYPE has been held to enhance our international collaborations and provide students an opportunity to understand practical English (with body language) from experience. This conference will be continued on an irregular basis.




助教・大学院生募集! 当講座では免疫学研究に興味のある助教・大学院生を募集しています。